はじめに

まずはじめに、今回作成するアプリケーションの構成と進め方について解説します。